「歌うこと」は「呼吸の延長」

歌が上手くなりたい!という方☆呼吸について考えてみたことはありますか?

「歌う」ためには必ず呼吸をしなければなりません。高い声を出すにも低い声を出すにも、大きな声を出すにも必ず呼吸をする必要があります。
よく聞く「腹式呼吸」についてですが、「正しい呼吸の仕方」=「腹式呼吸」というわけではなく、「歌を歌うのに適している呼吸」=「腹式呼吸」なのです。つまり、今まで腹式呼吸で歌を歌っていなかった人でも歌が上手な人はたくさんいますが、そんな人が腹式呼吸で歌を歌うと、もっとパワフルに抑揚がつき、楽に歌い上げることも可能になります。

常にフルパワーで歌を歌い上げるのではなく、腹式呼吸を身につけ発声することに余裕を持ち、余裕ができた部分で表現力に余力をまわすというイメージです。

「歌うこと」は「呼吸の延長」

是非、腹式呼吸を身につけてみてください☆