歌う前の準備で歌がこんなに変わる!?

ゴールデンウィークが終わりましたね〜

ゴールデンウィーク中に、カラオケに行って
思いっきり歌ってきたよ!という方や、どんたくに
出演された方もいるのではないでしょうか?

 

「歌をうたうこと」は大変身近なことですが、
みなさんは歌を歌う前に何か準備をしていますか?

この歌う前の準備をした場合としない場合では、
声の出方や、数時間楽しんだ後の喉の疲労感が
以前より少なく、枯れにくくなります!

 

その準備とは、、、

 

 

ストレッチをすること!とても簡単なことです!

皆さんスポーツをする際、ストレッチを行わないで
運動すると翌日筋肉痛になり身体中が痛くなる
経験をしたことがあると思います。

 

喉も一緒で、準備なしで歌うと枯れやすく
なりますので、しっかりストレッチを
行ってから歌に入りましょう!

特に肩や首回りをしっかりほぐして下さいね!

 

肩を前に10回、後ろに10回、首を右回りに
10回、左回りに10回ずつ行います。そして
肩の力を抜き30回ジャンプをしましょう。

 

ジャンプを行うことで体全体、特に首回りが
リラックスされます。

 

 

また、リップロールタンロールなども
効果的です!

 

リップロールは唇をプルプル〜と、タンロールは
舌を巻き舌のようにルルルルルル〜と鳴らします。

 

リップロールとタンロールを行うことで、今度は喉の筋肉がほぐれます。

 

後は腹式呼吸、発声を行ってから歌に入ることが
理想的ですが、最初は簡単なことから始めてみましょう!

 

当レッスンスクールでは、最初のストレッチと
ウォーミングアップをしっかり行ってから発声に入ります。

 

無料体験レッスンでも取り入れていますので、
是非一緒に体感してみましょう☆