この違いで歌は大きく変わる!!

前回は「歌を歌う前の準備が大切だ」
ということをお話ししました。

今回はその続きで
「腹式呼吸に入る前の正しい姿勢」について、
お伝えしていこうと思います。

 

皆さんは、歌を歌う時の姿勢を気にしたことは
ありますか?

「歌を歌う」事と「正しい姿勢」には
重要な繫がりがあります!

とても分かりやすい例を挙げると、体操座りで体を
丸めて声を出す状態と、立ち上がって遠くを意識し
て声を出す状態では、声の出しやすさが全く違うこ
とがわかると思います。

日常生活の中でお話ししたりする時は、無意識に皆
さんは声の出しやすい姿勢をとっていますが、それ
を歌を歌う時にも意識しないといけません。

歌を歌う時に、歌いづらさや息苦しさを感じること
があるかと思いますが、それは姿勢を正すことによ
り改善する場合も多々あります。

 

正しい姿勢で歌うことによって、背筋と腹筋がちゃ
んと働くのでより発声がしやすくなります。

ここで、具体的に姿勢の違いを写真を使って確認し
て見ましょう。

IMG_1362

IMG_1360
一つ目の写真は線がグニャリと曲がっていますね。
二つ目の写真は線がまっすぐになっています。
みなさんどちらが良くない姿勢かもうお分かりだと
思います。

 

・首が前に出ている

・背中が丸まっている

・腰が前に出ている

 

良い姿勢を心掛けていないと、このような状態にな
ってしまう方が多くいらっしゃいます。

このような姿勢では背筋と腹筋も弱まり、歌いづら
くなるだけでなく、日常生活の中でも怪我をし易く
なったり、肺が押しつぶされて息が苦しいなど様々
な支障が出てきてしまいます。

無意識の状態でも良い姿勢保ちたければ、常に意識
をして正さなければなりません。

 

当レッスンスクールではマンツーマンでレッスンを
行ない、正しい姿勢で発声が出来ているか、一番ベ
ストな状態で歌を歌えているかなどを、常に目を光
らせレッスンを行なっております!

無料体験レッスンも実施しておりますので、
正しい姿勢で発声が出来るよう、
一緒に直していきましょう♪