歌が上手くなる秘訣はそこにあった!

皆さんこんばんは!
ボイストレーナーの淵上です☆

皆様お正月はどのように過ごされましたでしょうか??^ ^
私は案の定普段よりご飯が進んでしまい、すっかりわがままボディになってしまいました、、、。
お正月はなんであんなにご飯が進んじゃうんでしょうかね??(・∀・)テへ

 

さて、今回はよく頂くお悩みの中から「高音を出せるようになりたい」というテーマで
少しお話しをしていこうと思います!

 

そんなの高音をひたすら出しておけば出るようになるでしょ!

そう思っているアナタ!!

多くの人が「高い声」つまり「高音」を
出すことに重点を置いていますが、
実は高音域を出せるようになるには、低音域が大切なんです

 

この「低音域」をしっかりと練習することにより、
たくさんのメリットが生まれます!

スクリーンショット 2016-01-21 13.36.30

 

<低音域の発声を行うメリット>
* 高音域が伸びる
* 歌の表現力がつく(声色の使い分けができる)
* 枯れない喉を作ることができる

 

高い声を出すために高音域ばかりを
練習してしまうと、喉を壊すor壊しやすくなってしまいます。

 

私自身も昔は高音が出ないことがとてもコンプレックスに思っていて、
「とにかく高い音を練習しとけば大丈夫だろう!!」と、高音だけをひたすら練習し喉を
何度も壊していました、、(◞‸◟)

なので皆さんのお気持ちはとてもよくわかります!!
ですが焦りは禁物です!

 

声の土台づくりというのはとても大事で、
低音という土台がしっかりできているからこそ、
声も枯れにくくなり、安定した高音域が出せるようになるのです。

 

とはいっても「低音の正しい発声方法が
わからない、、、」と思っている方!!

 

一度体感してみましょう!

当レッスンスクールでは低音域の発声練習に
力を入れています。
ご希望あれば無料体験レッスンでも低音域の発声を取り入れて
おりますので、是非一度、自分の低音を確かめきてくださいね〜⭐︎

 

☆お問い合わせはコチラ☆

無料体験レッスンお問い合わせページ

 

bunner15